子供が独立後のマイホームはどうする? 住み替えのメリット・デメリットご紹介

[ライフプラン]

子供が独立すると、今まで子供と一緒に過ごしていたお家に余裕が生まれ、広すぎると感じる方は多いのではないでしょうか。子供が独立後にお家の住み替えをする方は珍しくありませんが、今回は住み替えのメリット・デメリットをご紹介します!

目次

老後に向けてのマイホーム住み替え

長年住んできたお家、子供が独立したあとにどうするかお悩みの方・ご夫婦は多いのではないでしょうか。今まで子供が使っていたお部屋や共有していたスペースに空きが出ることで、今のお家は広すぎると感じる一方、売却して手放すのも少し寂しい気がしますよね。

しかし、子供が独立したからこそ、自分や夫婦のことを最優先に考えてお家探しができるようになります。住み替えをすることで、より充実した生活が送れるようになるかもしれませんよ。戸建てにお住まいの場合は、都心のコンパクトなマンションに引っ越すなど、老後の生活のことを考えると、住み替えた方が生活がグッとラクになる可能性があります!


そのまま今のお家に住み続ける、リフォーム・リノベーションをする、建て替えをする、住み替えをするなど、ご家庭によって様々なオプションがありますが、今回は子供が独立したあとのお家の購入・住み替えについてのメリット・デメリットをご紹介していきます!

子供独立後の住み替えのメリット


子供が独立したあとは、自分の希望するエリアや理想の生活スタイル・間取りなどを優先して決められることが多いです。子育てが終わったからこそできる住み替えのメリットを1つずつみていきましょう!

・自分の生活スタイルに合わせたエリアで暮らせる

子供が独立したあとに住み替えをする1つ目のメリットは、自分の理想や生活スタイルに合わせたエリアに住めることです。

初めてマイホームを購入した際は、子供のことを優先して、子育てに適した環境などを求めて土地やお家を選んだ方が多いと思います。しかし、子供が独立したあともその環境が理想的かといえば、そうではない場合もあります。


子供がいなくなった分、オプションに対する制限が少なくなるので、自分の理想のエリアに住んでみるのもいいかもしれませんね。

例えば・・

・若いころの趣味だったサーフィンや釣りの為に海の近くに住み替え
・いつかやりたいと思っていたカフェを開くために古民家に住み替え
・子供や孫の近くに住みたいから都心に住み替え
・昔から住んでみたかった憧れのエリアに思い切って住み替え

慣れ親しんだ土地を離れるのは寂しいと感じる方もいると思いますが、年齢を重ねてから新しい環境で生活を始めることは、新鮮で良い刺激になるのではないでしょうか。

・老後の暮らしに合わせた住まいを選べる

2つ目のメリットは、老後の暮らしを見据えてのお家が購入できることです。

年齢とともに体力が低下してくると、段差の多いお家や、面積の広い大きなお家だと掃除などの今までやってきた家事が大変と感じることが多くなってくるでしょう。

住み替えをすることで、今よりも快適な生活、豊かな暮らしを送れるかもしれませんよ!例えば、掃除を少しでもラクにするために今までよりもコンパクトなお家を選んでみたり、老後のことを考えて段差などが少ないバリアフリーのお家を選んでみたり、現在戸建てにお住まいの方はメンテナンスの必要が少ないマンションを選んでみたりと、これからの生活を快適に過ごせるようなお家選びをすることが可能です。

特に戸建てからマンションに住み替えをする方は珍しくありません。戸建てからサイズダウンしてコンパクトなマンションに住み替えることで、生活がしやすくなると考える方は多いようです。

マンションは、防犯設備(オートロックや防犯カメラなど)や構造(耐震性、防音性など)が優れているものが多く、室内設備も整っているので、余計な心配をする必要が少なく、快適に暮らすことができます。アクセスの面でも、マンションは駅の近くに建っていることが多いため、移動が便利になる可能性も見込めます。

また、マンションは戸建てのように階段がないので、平屋と同じ感覚で暮らすことができます。シニア世代にとっては、階段の上り下りをする必要がないため安心ですね。

子供独立後の住み替えのデメリット


住み替えをする上で、メリットだけでなくもちろんデメリットもいくつかあります。住み替えをするかどうかお悩みの方は、本章でご紹介するデメリットも踏まえた上でしっかり考えてみてくださいね。

・引っ越しの手間がかかる

住み替えをすると、当然引っ越しの手間がかかってきます。

長年暮らしてきたお家には家具や家電、思い出の品などの荷物がたくさんあり、それらをどうするかを考えなければなりません。処分するものなのか、新しいお家に持っていくものなのかを全て見直す必要があるので、時間と手間がかかります。


ただし、不要なものを一気に処分できるいい機会にもなるので、少し手間ではありますが、新しいお家ですっきり暮らすことができそうですね。

また、もちろん今のお家の売却手続き、新しいお家の購入手続きも必要なので、手続きや契約などに対する手間もかかります。

・コストがかかる

新しくお家を購入する場合は大きなコストがかかるので、定年退職後のこともしっかり考えてからお家を購入する必要があります。

戸建てからマンションに住み替える場合、管理費や修繕積立金などもあるため、今後の資金計画について考えておきましょう。

関連記事▶︎「家を売る前に知っておきたい!査定、仲介会社選び、売却契約のポイント

また、年齢が上がると住宅ローンの審査に通りにくい可能性があるので、まずはローンが借りられるのか、そして無理なく返済していけるのかどうかもしっかりと調べておくことをおすすめします。


「ローンが借りられるかどうか知りたい!」という方は、是非東京リノベーションストアにご相談ください。弊社では、お家探しのお手伝いから住宅ローンの相談も受け付けています。

「他社ではローンが借りられなかった・・」という方でも、東京リノベーションストアだと借りられる可能性がありますよ。実際にそのようなお客様もたくさんご案内してきた実績があるからこそ、是非諦めずにご相談いただきたいです!お問い合わせはこちらから。

また、以下の記事で住宅ローンについてもまとめているので、是非参考にしてみてください!

関連記事▶︎「住宅ローン、こんな私でも借りられるの?

おすすめの自然が豊かなエリア

子供が独立したあとは自分の理想のエリアに住むことができると前述しましたが、首都近郊だけでも様々な場所があるので迷ってしまいますよね。

本章では東京リノベーションストアおすすめの自然が豊かなエリアをご紹介します!

神奈川県茅ヶ崎

サーフィンのポイントが多く、サーファーに人気のエリアです。駅から海までは約20分で行くことができます。J坂が少なく、シニアでも自転車での移動がしやすい街です。海の遊歩道では犬の散歩やジョギングしている方も多く、のんびりとした雰囲気で過ごせますよ。

R東海道本線・湘南新宿ライン・相模線の3路線が乗り入れ、交通アクセスも便利です。

 

千葉県一宮町

東京オリンピック・サーフィンの会場にもなった街です。海だけでなく、山・川・田んぼなどが身近にある自然豊かな街で、四季を感じながらのびのびと暮らすことができます。

 

東京都八王子

緑が多く自然豊かでありながら、買い物もしやすく都心にも出やすいアクセス環境で、生活に不便することは少ないでしょう。都心の雑踏から離れたいけど遠すぎるのはちょっと・・という方にはちょうどいい距離かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供が独立したあとの住み替えには、メリット・デメリットの両方がありますが、理想のエリア・お家に住み替えることで、今後の暮らし・老後の生活がより快適で豊かになりそうですよね。

子育てが終わってひと段落した今、セカンドライフを思い切り楽しむために一歩踏み出してお家を購入してみるのもいいかもしれないですね。

東京リノベーションストアでは様々なお客様からお家をご購入いただいています。お客様のこれからの生活を豊かにするためのお家探し、全力でお手伝いさせていただきます!

ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

編集部

RECOMMEND

ページトップへ