住宅ローン入門編【前編】〜簡易シミュレーションの前に知っておくべきこと〜

[住宅ローン]

「“住宅ローン”という言葉、よく聞くけどあまり理解していないかも」という方もいらっしゃるかと思います。住宅ローンを借りようと考えている人は、借りる前にしっかりとその仕組みについて理解することが大切です。まずは、住宅ローンの基礎について勉強していきましょう!

 リノ子さん ・・・ワッフルに転職した、入社1年目のアラサー新入社員。憧れだった東京で自分の城を持つという夢を叶えるために、不動産について勉強中!
 すまい先生 ・・・ワッフル入社10年目でリノ子さんの上司。宅地建物取引士とFP技能士2級を持つ不動産のプロフェッショナル。今まで相談に乗ったお客様数はなんと200組以上!住宅ローンのことはお任せあれ!

こんな私でも借りられるの?

 リ  すまい先生、お疲れ様です!突然なんですが、相談がありまして…。

実は私、東京で自分のマンションに住むことが夢なんです。東京のマンションってすごく高いじゃないですか。でも絶対に諦めたくない夢なんです。なので、不動産についてもっと勉強すればこんな私でも買う方法が見つかるんじゃないのかなと思い、今のうちから色々教えて頂きたいです!

 先  リノ子さんこんにちは。マイホーム購入を考えるのは楽しいですけど不安もありますよね。分かりました!是非一緒に学んでいきましょう。

 リ  ありがとうございます!

まず、私はまだワッフルに転職して1年目ですが、もし私が今すぐ買いたいと思った場合でも買うことはできるんでしょうか?

 先  大丈夫ですよ。ワッフルのお客様にも、転職して1年未満でも家を購入した方が過去にいらっしゃいました。その方は前職と同じ業種だったためスキルアップ転職として認められ、無事にローン契約し家を購入されました。

他にも一見ローン審査は難しいかも…と思うような方でも審査に通った様々な事例があったので、実際に起きた例を見てみましょう。

※クリックで拡大します。

 リ  こんなに色々な承認事例があるんですね!

自分では難しいと思って諦めている方も是非一度ワッフルに相談にきていただきたいですね。

 先  そうですね。

ワッフルには不動産やローンの知識・経験が豊富なのはもちろん、「何とかしてお客様のご希望を叶えたい」と思っているスタッフが多く在籍しています。

相談をしに行くというのは勇気がいることかもしれませんが、一歩踏み出していただくだけで大丈夫です。ご希望の物件を購入するまで、全力でサポート致しますよ!

 リ  私も頑張って知識をつけていきたいです!

早速ですが、上の表の中に記載されている「住宅ローン」の仕組みについてよく分からないので、まずはそこから教えて欲しいです。

 先  良い心構えですね。

住宅ローンはマイホーム購入する上でとても大切なものです。では、次の章から住宅ローンの仕組みなどを学んでいきましょう!

そもそも住宅ローンって何?

※クリックで拡大します。

自己資金=貯蓄金額から物件購入に充てる現金

 リ  住宅ローン、先ほどの話から住宅購入の為のローンなのだろうという想定はつきましたが、仕組みなどまだまだ理解できていないです…実際はどんなものなのでしょうか?

 先  住宅ローンとは、住宅購入に必要な資金を金融機関などから借りることを言います。

何千万円もの物件を手持ちのお金だけで一括購入出来る人は、そうそういないですよね。そこで利用するのが住宅ローンです。

住宅ローンを利用することで、手持ちのお金が足りなくても、物件を購入することができます。借りたお金には利子(お金を借りた際に支払う対価)がつく仕組みになっているので、住宅ローン契約者は元金と併せて利子を支払うことになります。

※クリックで拡大します。

 先  借りている期間が長ければ長いほど利子は高くなりますが、月々の支払い金額は少なくなります。逆に、借りている期間が短ければ短いほど利子は少なくなりますが、月々の支払いが増えるので、家計の負担になる可能性もあります

仕事や子育て、日々の生活バランスなどを考えて、自分に合った返済方法を選ぶことが大切です。

 リ  確かに、数千万円という大きい金額の借入になりますし、長期にわたって返済していくものなので、産休のタイミングや退職の時期なども考えないといけないですね!

借入期間はどれぐらい?

 リ  ちなみに、一般的な借入期間ってどのくらいなんですか?

 先  初めに組んだ住宅ローンの返済期間は延ばすことができないので、最長の35 年で組む方が多いです。

なお、年齢的に35年ローンを組めない人(※)は、その人にとっての最長期間で住宅ローンを組むことが多いですよ。(※一般的には79歳までにローンを完済する必要があります)

 リ  確かに何かあった時に備え、返済期間を出来るだけ長くして月々の負担を軽くしたいですもんね…。

 先  そうですね。

ですが、35年でローンを組んだからといって、実際に35年かけて返すのかというと、そうではないんです。(35年かけて返す人ももちろんいます。)上記で述べた月々の返済とは別に、借入額の一部や全額をまとめて返済することで、返済期間を短くすることができます。

 リ  ローンの返済期間を伸ばすことはできなくても、途中でまとめて返済することができるんですね!

 先  そうなんです。

それを「繰り上げ返済」といいます。「繰り上げ返済」は元金のみを支払うので、返済期間の短縮だけでなく、利息支払いの削減もできるんです。退職金やボーナスなど、まとまった収入があった時には「繰り上げ返済」をし、予定より早くに完済する人が多いですよ。繰り上げ返済はフレキシブルな返済計画が可能なので「70代になっても払い続けるのはちょっとな…」「子供の養育費がかかる時期も定額で払い続けられるか不安…」という方にも安心ですよ!

 リ  なるほど!「繰り上げ返済」を上手に活用して、住宅ローンと付き合っていきたいです。

 先  ワッフルにご相談いただければ、お客様のこれからのライフステージも見据えて返済計画を一緒に立てていきますのでご安心ください。銀行さんのウェブサイトなどにある簡易的な住宅ローンシミュレーションは、借り手の背景や物件情報などが考慮されていない、あくまで目安となるので、先ほどご紹介した繰り上げ返済やお客様のライフステージを見据えたプランなどは確認できません。まずはワッフルご相談ください!シミュレーションよりも具体的な返済プランが見えてきますよ!

今回の前編では、住宅ローンの基本的な仕組みについて説明させて頂きました。後編では、住宅ローンを借りられる機関や金利プランなどをご紹介していきます。住宅ローンを契約する前に必ず理解しておきたい内容です。

後編はこちらから!

ページトップへ