お部屋別:おすすめの乾燥対策!エアコンの乾燥におすすめの対策とは?

[住まいのお役立ち情報]

冬になると気になってくる「お部屋の乾燥」。放っておくと乾燥によって喉の痛みや風邪、ドライアイなどの目のトラブルやお肌のかゆみなどの皮膚トラブルを起こすこともあります。この記事ではお部屋ごとにおすすめの乾燥対策をご紹介。エアコンをつけているときの乾燥を防ぐ方法もご紹介します。

エアコンの乾燥対策

◆エアコンをつけると乾燥するのはなぜ?

エアコンによる乾燥は、「空気の温度が高まって相対湿度が下がる」ことと「風が直接体に当たって乾燥する」ことの2つが原因で起こります。

ひとつ目の「相対温度が下がる」ことで起こる乾燥ですが、これは空気中に含むことができる水分量が、空気の温度によって変化することが原因です。

空気の温度が高いほど含むことができる水分量は増えるのですが、エアコンでお部屋を暖めると空気中の水分量は変わらないまま温度だけ上がってしまうので、相対的に湿度が下がり乾燥してしまうのです。

 

◆エアコンで乾燥するときの対策

喉の乾燥はあまり気にならないのに髪や肌の乾燥が気になる場合、風が体に直接当たってしまっている可能性があります。まずはエアコンの風向きを調節し、風が当たらないようにしましょう。

〇加湿機能付きのエアコンを選ぶのもおすすめ

近年は「エアコンを使うと乾燥する」という声を受けて加湿機能付きのエアコンも販売されています。


【外部リンク】ダイキン うるさら7

こちらのエアコンは「無給水加湿機能」を採用し、外気に含まれる水蒸気を室内に届ける機能を搭載。また風が体に直接当たらないように壁や床に沿って暖かい気流を届ける「垂直気流」の機能もあります。

エアコンの買い替えを考えている方は、加湿機能のあるエアコンを選ぶのも良いですね。

〇乾燥対策はお部屋ごとに行う

喉を含めて体全体が乾燥していたり、風に当たっていないのに乾燥している場合は空気中の水分量を増やす乾燥対策をしましょう。

乾燥対策の方法はお部屋の広さや場所、用途によっておすすめの方法が異なります。詳しくは次章以降に紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

◆暖房器具にガスファンヒーターを使う

お部屋の乾燥が気になる場合、暖房機器としてガスファンヒーターを使うのもおすすめです。

空気を温めれば相対湿度は下がりますが、ガスファンヒーターには「ガスが燃焼するときに水蒸気を出す」という仕組みがあります。つまり、暖房と加湿を同時に行うことができるのです。

乾燥が気になるときにはガスファンヒーターの使用も検討してみましょう。

〇ガスファンヒーターのデメリット

ガスファンヒーターにはガス栓から遠い場所では使用できなかったり、長時間使用しているとガス代がかかるというデメリットもあります。
また使用するごとに空気中の一酸化炭素濃度が濃くなるため、定期的に換気が必要です。

〇ガスファンヒーターとエアコンの併用がおすすめ

ガスファンヒーターには、エアコンよりも短時間でお部屋を暖められる、というメリットもあります。
そのためお部屋が暖まりにくい広いリビングなどでエアコンと併用するのがおすすめ。お部屋の温度を効率的に上げつつ、湿度も保つことができます。

 

◆床暖房って乾燥する?乾燥しない?

近年お部屋の暖房機器としても広く普及している床暖房。風を出さずにお部屋を暖めるため、エアコンに比べてお部屋を乾燥させないという見解が一般的です。

しかし、お部屋の空気中の温度が上がれば相対湿度は下がるものです。床暖房にはガスファンヒーターのように水蒸気を出す仕組みはないため、お部屋の乾燥を進めてしまいます。

暖房機器として床暖房を使用しているお部屋であっても、空気の乾燥を感じた場合には早めに乾燥対策を行っていきましょう。

 

リビングの乾燥対策

家族みんなが集まることが多く、過ごす時間も長いリビング。みんなでテレビ観賞をしたりゲームをしたりする場所になることも多く、体だけでなく目の乾燥も気になる場所です。

リビングは洋室などのお部屋に比べて広いことが多いため、お部屋全体を加湿できるようしっかりと乾燥対策を行っていきましょう。

 

◆洗濯物を部屋干ししてお部屋の湿度をアップ

お手軽かつエコに加湿する方法が、洗濯物を部屋干しすることです。洗濯物が乾くときに空気中に水蒸気を放出してくれるため、お部屋の湿度が上がります。

電気もかからず、乾燥対策と同時に洗濯物も乾かせるので一石二鳥です。乾燥対策の第一歩としておすすめ。

〇洗濯物の部屋干しに便利なアイテム

■エアコンハンガー


【外部リンク】平安伸銅工業 エアコンハンガー 物干し 幅109cm 耐荷重5kg ホワイト ACH-1

エアコンにひっかけるだけで簡単に設置できる便利グッズ。風の吹き出し口の近くに洗濯物をつるすことで、早く洗濯物を乾かすことができます。エアコンから出てくる風も洗濯物の間を通ることで湿度がアップし、お部屋の乾燥を防いでくれます。

■洗濯ロープ


【外部リンク】ヨドバシ.com オーエ 88055 [ML2洗濯ロープハンガーストップ5m B]

「物干し竿はちょうどいい長さがないし、使わないときに邪魔になる…」そんな悩みを抱えている方には洗濯ロープがおすすめです。

ハンガーを通す穴が開いたロープであり、設置場所に合わせて長さの調節が可能。ハンガーが動くことがないため洗濯物同士がくっつかず、イヤな匂いが発生するのを防いでくれます。

〇部屋干しすると匂いが気になる!そんなときは?

乾燥対策のためとはいえ、「洗濯物の部屋干しは匂いが気になる」という方もいらっしゃるかと思います。 そんなときには以下の方法をお試しください。

①できるだけ窓際に干す

太陽の光の入る窓際で干すことで、お外で干しているときと同じような太陽光による殺菌効果が期待できます。さらに日の光に暖められて洗濯物が乾くペースも早まるため、イヤな匂いの発生も防ぐことができます。

②風を当てる

部屋干しのイヤな匂いの原因のひとつが、洗濯物の周りの空気が停滞していること。空気を循環させるために風を当てると良いでしょう。エアコンの風が当たる場所に洗濯物を干すのがおすすめです。

エアコンの風を当てられないときには、サーキュレーターを設置して空気を循環させましょう。

③部屋干し臭を防ぐ洗濯用洗剤を使う

最近では、部屋干しの匂いを防ぐことに特化した洗濯用洗剤も販売されています。部屋干しの匂いが気になるときにはこのような洗濯用洗剤を使ってみると良いでしょう。


【外部リンク】ライオン 消臭 ブルーダイヤ クリアミントの香り
ニオイの除去に特化した洗濯用洗剤。皮脂などのタンパク汚れを酵素が分解し、ニオイ残りを防いでくれます。

 

◆観葉植物を置いて湿度アップと空気清浄

天然の加湿器とも呼ばれる観葉植物。湿度を保つだけでなく、二酸化炭素を吸って酸素を吐くという性質から空気を綺麗にしてくれる効果も期待できます。

〇観葉植物はあくまで加湿の補助として置く

観葉植物の加湿・空気清浄の効果は、専用の家電製品と比べると少ないです。十分な効果を得るためには大量の観葉植物が必要になってしまうため、あくまで加湿・空気清浄の補助として置くのがおすすめ。

もちろんインテリアとしてお部屋をオシャレに見せてくれる効果や、緑色の色彩によって気持ちを穏やかにしてくれる効果も期待できます。
加湿・空気清浄だけでなく、生活を豊かにしてくれる存在としてリビングに置くのが良いでしょう。

〇リビングにおすすめの観葉植物

他のお部屋に比べて比較的広いリビングには、大型の観葉植物も置くことができますね。大きな植物を置くことでお部屋のレイアウトも洗練された雰囲気になります。

こちらは「モンステラ」という種類の観葉植物。モンステラは直射日光の当たらないところでも育つ大型の種類です。乾燥にも強いため初心者にも育てやすく、人気の観葉植物です。

 

◆お湯を沸かして乾燥対策

原始的な方法ですが、お湯を沸かすときに出る水蒸気によってお部屋の湿度を高めるのも良い方法です。
キッチンがリビングに対面している場合などは、コンロでお湯を沸かすことでお部屋の湿度をアップさせることができるでしょう。

キッチンとリビングが離れている場合には、沸かしたお湯を洗面器や湯呑に張ってリビングに置いておくことでも加湿効果が期待できます。

 

◆加湿器や空気清浄機を使う

もちろん、加湿が一番の目的であれば加湿器の使用がやはり効率的です。近年は空気清浄機に加湿の機能が付いている家電製品も多く、お部屋の湿度を保ちつつ空気を綺麗にする効果が期待できます。

加湿器や空気清浄機を選ぶときはお部屋の広さに合うものを選ぶと、快適なお部屋になるでしょう。

 

寝室の乾燥対策

寝室の乾燥で特に気になるのが「喉」の乾燥です。起きている間は定期的に水分を取って喉をうるおすことができますが、寝ている間はそれができません。

寝ている間のお部屋の乾燥は喉の痛みや風邪を引き起こす危険性もあるため、冬は特に気を付けたいところです。

〇加湿はお部屋の広さに合わせて

加湿が必要な寝室ですが、リビングほどの広さがないことが多いため加湿をしすぎないということも大切になります。

加湿をしすぎると窓などに結露が発生してしまい、カビの原因になります。お部屋に広さに合った対策をしていきましょう。

 

◆まずは枕元に濡れタオルを干してみる

すぐにできるお手軽な対策として「濡れタオルを干す」という方法があります。

寝る前に濡れタオルを干しておくことでお部屋の乾燥を防ぐことができます。喉の乾燥が気になる場合な枕元に干すと良いでしょう。

このとき、よく広げておかないとイヤな匂いの原因になるため、ハンガーなどにかけてしっかりと広げておくことをおすすめします。

 

◆寝室におすすめの加湿器

〇安眠効果も期待できるアロマ加湿器

加湿と同時にリラックス効果も欲しい!という方には、アロマオイルを垂らしてディフューザーとしても使用できるアロマ加湿器がおすすめです。


【外部リンク】無印良品 超音波アロマ加湿器 型番:MJ‐AUH1

約2.4~3.3帖のパーソナルな空間の加湿に適したアロマ加湿器です。香りの適用範囲は6~12帖なため、自分のいる周りの空気を加湿しつつお部屋全体に良い香りを漂わせたい場合に向いています。

加湿量にもよりますが連続運転時間は3~9時間のため、きちんと調節すれば寝ている間は加湿を持続させることができます。

ミストの吹き出し口が高いため、床が濡れにくいのも特徴のひとつ。パーツひとつひとつやお手入れグッズも販売されています。

〇どこでも置ける!無線のミニ加湿器

ベッドサイドの小さなスペースに置くには小型の加湿器がおすすめ。さらに充電式であればコードを気にする必要がないため、どこでも好きな場所に置くことができます。


【外部リンク】HANWA Ltd. 充電式コードレス加湿器 short

USBケーブルで充電できる充電式加湿器。3時間のオートオフ機能が付いているため、切り忘れの心配もありません。

横に倒してしまっても水がこぼれにくいようシリコンパッキンが付いており、ベッドサイドに置いても安心。持ち運びしやすいサイズのため、旅行や出張でホテルに泊まる際にも活躍してくれます。

〇電気を使わない加湿器

寝室には電気を使わない加湿器を置くのも良いですね。電気を使わずエコなだけでなく、寝ている間にペットや小さなお子様が加湿器を倒しても、ケガをする心配がない、というメリットもあります。


【外部リンク】ニッセン ECO加湿器うるおい 小さな庭

オフィスなどのデスクにも置ける卓上加湿器。水を吸いこんだフィルターから自然な水蒸気が放出されて適度な湿度が保たれます。

 

和室・ロフトの乾燥対策

◆ロフトの乾燥対策

〇ロフトは乾燥しやすい

1人暮らしの方の中には、お部屋にロフトがありロフトをベッドスペースにしている方も多いのではないでしょうか? しかし、暖かい空気は上部にとどまりやすいという性質があるためロフトは暑くなりやすく、また乾燥もしがちです。

特に最上階のお部屋のロフトは屋上の温度がダイレクトに伝わり気温が高くなります。寝苦しく乾燥から風邪をひく原因になることもあるため、無理にロフトで寝続けるのは避けたいところです。

〇乾燥しがちなロフトは洗濯物を干す場所に

根本的な解決として「ロフトを寝る場所に使用しない」という方法もあります。

気温が上がりやすく乾燥しがちなロフトは洗濯物を干す場所にぴったり。居室部分に布団やベッドを置くスペースがある場合におすすめです。

 

◆和室の乾燥対策

畳の材料に使われている「い草」には湿度調節の機能があり、湿度が高いときには吸湿し、湿度が低いときには加湿するという効果があります。そのため、和室は洋室に比べると乾燥が気になることも少ないでしょう。

〇和室は加湿のしすぎに注意!

しかし和室であってもエアコンなどの暖房器具を使用していると乾燥が気になることがあります。そんなときは湿度の確認をしながら加湿をしましょう。

前述したように畳には加湿の機能もあるため、和室は洋室ほど加湿しないように気を付けておく必要があります。畳が湿度を吸いすぎてしまい結露するとカビや痛みの原因になることも。
このようなことを防ぐため、和室に加湿器を置く際には湿度をこまめに調節しましょう。

また畳には吸った湿気を吐き出す機能もあるため、ある程度お部屋を加湿したら一度加湿器を止めて、畳による加湿に任せるという方法もおすすめです。

 

お肌の乾燥対策はお風呂が大切

乾燥はお肌にも悪影響を与えます。毛穴の開きなど美容に関わるだけでなく、乾燥によってかゆみやフケが生じてしまうことも。

お部屋全体の乾燥対策が肌の乾燥を防ぐことにつながりますが、特に「お風呂」とその周りに気を配ることで肌の乾燥対策を行うことができます。

東京ガスの「ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機(ミスティ)」はミストサウナの使用にかかる1日の費用が約48円となっており、ランニングコストが低いことも魅力のひとつ。浴室乾燥機付きタイプのものであれば、洗濯物の室内干しも低コストで行えます。

【参考】東京ガス ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機(ミスティ)

◆ミストサウナ付きのお風呂でお肌の乾燥対策

浴室内に、霧状にした温水を噴射してミストが体を包み込むようにする「ミストサウナ」。体がしっかり温まるだけでなく、入浴後の肌水分が増加するという乾燥対策に嬉しい効果があります。

〇リフォーム・リノベーションでミストサウナを設置できる?

ミストサウナの設置方法にはいくつかの種類があり、中には後付け可能なものもあります。ひとつずつ見ていきましょう。

①天井埋め込みタイプ

こちらのタイプは、浴室ごと一新するような大規模なリフォームを行うことで設置することができます。工事は大掛かりになりますが、浴室乾燥機などの機能を併せ持つものも選ぶことができます。 しかし、マンションの配管の状況などによっては設置できないこともあります。

②外付けタイプ

天井埋め込み型と異なり、部分的なリフォームで取り付けることができます。しかし外部に通じる穴を空ける必要があり、マンションでは難しいことも多いです。

③後付けタイプ

小規模な工事で設置できるタイプです。乾燥機などの機能を持たせることはできませんが、ミストサウナとしては十分に機能を発揮してくれます。


【外部リンク】ノーリツ 後付けミストユニット AMU-2

既存の水栓からミスト用のホースを分岐させて本体に取り付ける工事を行うことで設置できる後付けタイプのミストサウナです。アロマオイルを入れてアロマ浴を楽しめる機能もあるため、リラックスしてバスタイムを楽しむことができます。 設置の可否については既存の水栓や配管などの状態によって異なります。

 

◆お風呂の周りの工夫で乾燥対策

お肌の乾燥対策には、お風呂あがりにできるだけ時間を空けず保湿をすることも有効です。

脱衣所の戸棚にはボディクリームなど保湿グッズを用意しておき、お風呂あがりにサッと使えるようにしましょう。スペースが限られていることの多い脱衣所や洗面室ですが、鏡の裏が収納スペースになっている独立洗面台を設置することで収納場所を確保することもできます。

 

リノベーションでできるお部屋の乾燥対策

◆エコカラットで湿度調節&脱臭

調湿機能のある素材を使用したLIXILの「エコカラット」。貼るだけで簡単に設置できるタイルタイプもあり、簡単なリフォームやDIYでお部屋に取り付けることができます。


【外部リンク】LIXIL エコカラット

湿度を調節するだけでなく、イヤな匂いを取り除く効果も期待できます。お部屋の湿度を日ごろから調節しつつ、匂い対策もしたい方におすすめです。

 

◆ホスクリーン設置で部屋干しを便利に!

洗濯物の室内干しを便利にしてくれるのが「ホスクリーン」です。


【外部リンク】川口技研 ホスクリーンシリーズ

天井から、物干し竿を通す穴の付いた棒をつるすことで洗濯物を干すスペースを確保。ハンガーラックのように床に足場を必要としないため、省スペースかつお部屋をすっきりと見せることが可能です。

お部屋にもよりますが、ホスクリーンは多くの場合リノベーションで設置することが可能です。

 

おわりに

冬場の空気の乾燥や風邪やインフルエンザへの感染につながってしまいます。

お部屋の湿度を適度に保つとともに手洗い・うがいを徹底し、家族みんなで元気に冬を乗り切っていきましょう!

この記事を書いた人

編集部

おすすめ物件

RECOMMEND

ページトップへ