結露

マンションの結露の原因と対策を解説。おすすめの予防・対策グッズも紹介!

[住まいのお役立ち情報]

肌寒い季節になるとマンションの窓に発生しやすい結露。タオルで拭いてもすぐにまた発生してしまうため、困っている方も多いと思います。なぜ結露は発生してしまうのでしょうか。今回は結露で悩んでいる方に向けて、その原因と対策、おすすめのグッズをご紹介します!

結露とは

そもそも結露とはどういった状況で発生するものなのでしょうか?

こちらでは結露が発生する仕組みや、結露を放置した場合にどのような影響が発生するのかを紹介しますので、確認していきましょう。

◆結露とは

結露とは、空気中に含まれる水蒸気が冷やされることによって、気体となっていた水分が液体化する現象のことを言います。冬場の窓ガラスなどに多くの水滴が付いているものが結露です。また夏場でも、冷たい水を入れたコップの回りにできる水滴ができることがありますが、あれも結露です。

結露には大きく分けて表面結露と内部結露の2種類があります。前述した窓ガラスなどに水滴が付いている状態などは表面結露と呼び、壁中にある断熱材などに発生するものを内部結露と呼びます。(※)

◆原因と仕組み

結露の仕組み
結露ができる原因は、部屋の湿度が高いことと部屋の中と外で寒暖差が激しいこと

結露ができる原因は、部屋の湿度が高いことと部屋の中と外で寒暖差が激しいことの2つが理由となって起こります。

空気中に含まれる水蒸気の量(相対湿度)には一定の量があり、その限界値のことを飽和水蒸気量と呼びます。この飽和水蒸気量は、温度によって水分を含められる量が変化し、温度が低くなればなるほど飽和水蒸気量も少なくなります。そのため、空気中の水蒸気が増えて限界を超えるか、温度が下がり飽和水蒸気量の限界値が低くなったときに、溢れた水蒸気が液体化するのです。この現象を「結露」と呼びます。
特に冬場は室内も空気が乾燥しやすく、室内で暖房器具や加湿器などで温度や湿度を上げている家庭も多いことでしょう。室温が上昇すると飽和水蒸気量も増加しますが、窓際の空気は外の冷たい空気と隣接しているため、温度が低く湿度が高い(飽和水蒸気量が少ない)状態になりやすく、結露が発生しやすいのです。

◆結露を放っておくと……

結露を放っておくと、窓ガラスに発生する結露によって、サッシ部分の木枠部分にカビができてしまいます。また、カーテンなどにもカビが移ってしまう可能性があります。カビ菌やダニなどは、アレルギーや喘息などの症状を引き起こしてしまう恐れがあるため、結露対策はしっかりと行っていきましょう。

※表面結露と内部結露

内部結露は、比較的新しい木造住宅の戸建てに多くみられます。戸建てはマンションとは違い暑さや寒さの影響を受けやすいため、最近では熱を遮断する断熱材を使った家が増えてきていますが、気がつかないうちにその断熱材に結露が発生するのです。また、柱などが腐食して侵食してしまう恐れもあります。

なお、マンションなどの集合住宅の場合でも断熱材を使用している建物がありますが、腐食が進んでしまった場合に壁面などを取り壊すのは簡単にできることではありません。そのため、あらかじめ結露を発生させない対策が必要です。

マンションで結露の発生しやすい場所

結露 発生しやすい場所

結露は室内の温度の低い場所で発生しやすく、方角としては北側が発生しやすいといった特徴があります。また、窓際や玄関扉など外気に触れやすい場所は要注意です。以下からは結露が発生しやすい場所について詳しく解説します。

◆窓ガラス(カーテン)

窓ガラスは、部屋の中で最も寒暖差の激しい場所です。冬場になると殆どの家庭では室内で暖房器具を使い、窓ガラスなどは当然締めきっているでしょう。そのため、窓際は部屋の外側と内側の寒暖差が大きく、結露がもっとも発生しやすい場所となります。だからこそ窓ガラス付近の結露対策は必須です。また、窓ガラスだけでなく、結露が発生した窓ガラスに取り付けたカーテンにも注意を払いましょう。カーテンを湿った状態で放置するとカビの発生に繋がってしまうからです。

◆サッシ

サッシ部分には窓ガラスから垂れた水滴が溜まっていきます。定期的な掃除を怠るとホコリなども溜まっている状態となり、カビの繁殖をさらに加速させてしまいます。

◆エアコン

エアコンの結露は、夏場の冷房機能を使ったときにも、冬場に暖房機能を使ったときにも結露が発生することがあります。夏・冬はしっかりと対策をしましょう。最新のエアコンは結露対策が施されたものも多いですが、フィルターや吹き出し口にホコリなどが溜まってしまうと空気の流れが滞り、結露が発生してしまうこともあります。シーズンごとのこまめな掃除を心がけることが重要です。

◆押入の中(クローゼット)

押入の中は前述した内部結露の原因となりやすい場所です。衣類や衣装ケースなどの狭い空間には湿気も溜まりやすく、扉を閉めてしまえば除湿も難しくなります。そのため、こまめな換気や除湿剤を置くなどの対策が必要です。

また、マンションの1階にお住まいの場合、上の階よりも湿気がこもりやすい環境のため結露も発生しやすい傾向があります。逆に上の階であればあるほど、湿気の影響が少ないため、結露の心配は少ないでしょう。

すぐにできるマンションの結露予防・対策

 

◆結露対策その1:換気

結露を防ぐには、部屋の中の空気を入れ替えることが重要です。とはいえ、冬場は暖房の効率が下がってしまうこともあり、なかなか換気をすることが難しいこともあります。

そのようなときは、浴室やキッチンなどの換気扇を回したり、就寝前の数分間は窓を開けたりするなどの工夫をしましょう。

なお、マンションでは建築基準法の改正により、24時間換気システムを設置しているお部屋が増えています。給気口のフィルターが汚れていると十分な換気ができていないこともあるため、給気口の掃除も忘れずに行いましょう。

関連記事:『マンション住まいの大掃除。ベランダはどうする?場所別のコツと便利なアイテムを紹介!

マンション住まいの大掃除。ベランダはどうする?場所別のコツと便利なアイテムを紹介!

◆結露対策その2:除湿

近年では最新のエアコンなどに除湿機能が付いたものも多く揃っています。冬は乾燥する季節とはいえ、雨や雪などが降る日もあります。湿気が多いなと感じた際にはエアコンなどで部屋の湿度のコントロールをするように心がけましょう。

また、100円ショップなどにも置いておけるタイプの除湿剤が販売されています。前述した押入の中や窓際などの湿気が溜まりやすい場所に除湿剤を置いておくこともおすすめです。

関連記事:『すぐできる!湿気対策とお手軽な除湿グッズをご紹介

すぐできる!湿気対策とお手軽な除湿グッズをご紹介

◆結露対策その3:拭き取り+洗剤

換気や除湿剤を置いても窓ガラスに結露ができてしまうときは、タオルなどですぐに拭き取りましょう。中性洗剤を約10倍の水で薄め、タオルを浸して絞ってから窓ガラスを拭くことで、結露ができにくくなります。なお、中性洗剤には水をはじく効果がありますが、その効果はあまり長く続きません。こまめに洗剤で窓ガラスをコーティングするようにしましょう。

おすすめ!マンションの結露対策グッズ①【結露防水シート】

防水シートは、窓ガラスに直接貼り付けて結露の発生を防ぐ効果があります。また、断熱効果も期待でき、暖房などの効率アップにもつながります。

使い方は、綺麗に拭いた窓ガラスに霧吹きなどで水を吹きかけてからシートを貼りつけるだけです。シートは大きいので、あらかじめ窓ガラスのサイズにカットしてから張り付けるのが、きれいに貼れるコツです。以下では実際におすすめのシートを紹介します。

・ニトムズ 結露防止シート

【価格】1,718円

3層の厚手のシート。省エネ効果も期待でき、水貼りタイプなので貼った後でもはがしやすいシートです。

結露防止シート

(出典:amazon

・水貼り断熱・結露防止シート

【価格】1,945円

2巻セットでお得。断熱効果もあり、エアコンの効率もアップします。

結露防止シート

(出典:amazon

・リンテックコマース 結露給水シート

【価格】1,745円

シンプルな和紙調のシート。乾燥が早く吸収性は透明なものよりも高いうえ、繰り返し使える便利なシートです。

結露給水シート

(出典:amazon

防水シートの他にも1,000円以下のリーズナブルな価格で購入できる防水テープなどもあります。

・結露防止テープ

【価格】392円

幅が12㎝、長さ90㎝。滴り落ちる結露を吸収して、サッシなどが濡れてしまうのを防いでくれます。お買い求めやすいリーズナブルな価格です。

結露防止テープ

(出典:amazon

おすすめ!マンションの結露対策グッズ②【結露防水スプレー】

結露防水スプレーはすぐにできる結露対策として有用なグッズです。先ほどご紹介した中性洗剤で拭く方法よりも、より効果が長く持続します。スプレーの中には水を吸収したり撥水効果を期待できるものもあります。

使い方は、窓ガラスについた汚れなどを綺麗に拭き取った後、乾いた状態の窓ガラスにスプレーを吹きかけます。その後、窓ガラスをコーティングするように成分を伸ばして完了です。

・結露ブロッカー3S

【価格】2,200円

ホテルなどの窓ガラスにも利用されている結露防止スプレー。効果が約14日間も続き、玄関扉などにも利用できます。

結露防止スプレー

(出典:amazon

・結露吸着スプレー トドマール

【価格】1,630円

ガラスに発生した結露を吸収し、カビなどの発生を防ぐ効果があります。曇りガラスやサッシ部分にも使えます。

結露吸収スプレー

(出典:amazon

・アサヒペン 結露の水だれ防止スプレー

【価格】1,036円

約30日間効果が続く水だれ防止スプレー。繰り返し塗ることで効果が続きます。価格もリーズナブルなため、使いやすいスプレーです。

液だれ防止スプレー

(出典:amazon

おすすめ!結露対策グッズ③【100円で買える便利アイテム】

 

・結露取りワイパー

下から上に向かってワイパーを滑らせることで、付属のタンクに水が溜まる仕組みのワイパー。女性でも簡単に扱える手軽なグッズです。

・切り絵タイプの結露吸水シート

ダイソーで販売している切り絵タイプの結露吸水シート。部屋のデコレーションとしても使うことができ、窓ガラスがおしゃれになります。


おすすめ!マンションの結露対策グッズ④【最新の除湿機】

ここからは、マンションの結露対策グッズとして除湿機について解説します。

除湿機は、大きく3つの方式があり、それぞれ「デシカント式」「コンプッサー式」「ハイブリッド式」となっています。それぞれの特徴と最新の除湿機をご紹介します。

・デシカント式

内部の乾燥剤に空気中の水分を吸収させ、吸収した水分をヒーターの熱で温めて乾燥した空気を吹き出す方式。

熱を発生させながら、除湿するため冬場の結露対策にはピッタリの除湿機です。ただ、夏場の湿気対策には不向きで、ランニングコストも高めです。マンション住まいのご家庭や衣類を部屋干しすることが多いご家庭におすすめです。

デシカント式 除湿器

『Panasonic製 F-YZSX80』

部屋干し臭の抑制効果があるナノイーXを搭載。ワイド送風で衣類の量に合わせて乾燥します。乾燥時間が短くなり省エネ効果も期待できます。

・コンプレッサー式

湿った空気を内部の冷却器で冷やして結露を発生させ、湿気を水分に変えて除湿する方式。

気温の高い季節の方が除湿効果が高く、夏場の利用がおすすめの除湿機です。なお、消費電力は少ないですが、動作音が大きかったり、本体重量が重いものも多いのがデメリットです。戸建てにお住まいのご家庭や、海沿いや川沿いにお住まいのご家庭におすすめです。

コンプレッサー式 除湿器

『三菱電機 MJ-M120PX』

部屋干し3Dムーブアイ機能は、乾き残りの衣類に集中して乾燥させるため、衣類の袖口やフード部分もしっかりと乾かすことができます。

・ハイブリッド式

デシカント式とコンプレッサー式の良いとこ取りの方式。

室温に影響されることなく年間を通して除湿能力を発揮できます。ランニングコストが少なくて済むのも利点でしょう。ただし、本体価格が高く本体のサイズも大きめになってしまいます。家計にゆとりのあるご家庭や年間を通して結露・湿気対策にお悩みの方におすすめです。

ハイブリット式 除湿器

『Panasonic製 F-YHSX120』

部屋干し臭の抑制効果があるナノイーXを搭載していることに加え、一年中使える便利な除湿器。季節や室温のよって機能を使い分けるため、電気代もデシカント式よりも節電効果が期待できます。

まとめ

以上、今回はマンションの結露の原因と対策方法、予防グッズなどをご紹介しました。

結露対策は、こまめな湿度コントロールが大切です。除湿ばかり行ってしまうと、部屋が乾燥してしまい、風邪などの原因にもなってしまいます。適度な換気や除湿を心がけ、本記事でご紹介したグッズも活用して結露を放置しないように心掛けましょう。

関連記事:『おすすめの乾燥対策!エアコンの感想におすすめの対策とは?

おすすめの乾燥対策!エアコンの感想におすすめの対策とは?

この記事を書いた人

編集部

おすすめ物件

RECOMMEND

ページトップへ